出会い系 被害

危険な出会い系とは!サクラの被害に遭わないために!

出会い系被害を予防するための全知識を詳しく解説!!

「出会い系でどんな被害があるか」「安心して使いたい」などなど、
出会い系の被害はどんなものか、どうやって対処すべきか、気になりますよね。

 

出会系の被害を避けるには!

 

あらかじめ気をつけておくことで対策が簡単にできます。

 

 

出会系で主に男性が遭う被害・対処法
出会い系のサクラ・手口
被害に遭わないための出会系の選び方3つのポイントとオススメ3選

 

まず、安心できるサイトを見たい方はコチラ

ピーシーマックス(18禁)

★ワクワクメール★

こんなのもあります。
優良コミュニティなので安心!

恋愛・婚活におすすめの華の会メール

→→【無料体験受付中】←←


Pairsもいいですよ。

 

しかし出会い系サイトにおける被害や相談は、今もって多く、国民生活センターの報告によると、2012年の国民生活センターへの「出会い系」に関わる相談件数は21,131件、そのうち利益誘引型のサイトに関する相談は5,365件ということです。

 

 

出会い系で被害に遭ってしまった時に取りたい2つの行動
本記事を読んでいただければ、「出会い系ではどんな被害を受けるのか」「どうやって予防すべきか」「被害を受けたらどうすべきか」を、ご理解いただくことができます。

 

 

 

・出会系で男性に襲いかかる被害と対処法

 

まずは出会い系で男性が多い被害と、意識してほしいポイントについて。

 

1.美人局による被害

 

あなたと女性がホテルにいる時に、旦那や彼氏を名乗る人が乗り込んできて、恐喝や暴行を受けるという被害。これは結構恐いですね。

 

すぐに警察に行けばいいのですが「未成年」や「既婚者」を名乗る女性を相手にしていた場合、自分の犯罪意識からから通報できずに、泣き寝入りしてしまうことを避けましょう。

 

また、こうした被害に遭うのは、女性側が指定したホテルに入っている時が多いです。近くに仲間が待機しているのです。

 

美人局による被害を受けないために

 

なるべく金品や身分証明書を持たずに待ち合わせ場所に行く
LINEで事前に上記の確認を取り、画面を残せればいざという時も安心
食事中に相手が頻繁に連絡を取っていないかチェックする
未成年や人妻とわかった場合は行為を避ける
相手の指定したホテルは避け、まずは人通りの多いところで食事などをする

 

2.運営によるサクラの被害

 

男性がメールを送るたびに、ポイントを消費していくタイプの出会い系。あなたが女性だと思ってメールしている相手が、実は出会い系が雇ったサクラでメールをするたびに出会い系にお金が入る仕組み。

 

「データ入力」という名目でバイトの募集をしていて、決して会えない相手なんですが、希望を持たせるような発言をしてくるため、ズルズルとメールでポイントを消費してしまいます。

 

 

運営によるサクラの被害を受けないためには!

 

運営もグルである可能性もあり、「大手」の出会い系以外は使わない方がよいでしょう。
早め(6~7往復)にサイト外での連絡を申し出て、断られたらその女性は諦める
美人は疑え!

 

3. 他のサイトに登録させられることによる被害

 

出会い系の中には、他の出会い系や会員制のブログなど他のサイトへ誘導しようとしてくる業者もいます。甘い言葉で誘惑してきて、「こっちで連絡しよ」などと言ってきて他のサイトへの登録をさせようとしてきます。結局はサクラです。。
こういったサイトは非常に危険で、架空請求や恐喝などの被害に遭う可能性も有ります。。。さらに最近は騙すためにどんどん巧妙な流れでサイトへの誘導をしてきます。

 

どんなに自然な流れであっても、他のサイトへの登録を求められた場合は無視しましょう。

 

他のサイトに登録させられることによる被害を受けないために

 

他のサイトには絶対に登録しない
あまりに美人だったり美味しい話には乗らない

 

 

 

4.「キャッシュバッカー」による被害

 

出会い系の中には、女性会員に対して男性とメールするたびにポイントを付与して、現金や商品と交換できる仕組みを持っているサイトがあります。

 

運営がサクラを投入していないこと、男女の会員に少しでも満足してもらおうとする、運営の配慮からできた仕組みですが、中にはこの仕組みを悪用する女性がいます。
こうした女性はキャッシュバッカーと呼ばれて、言わば「天然のサクラ」です。
本物のサクラよりもたちが悪いです。

 

キャッシュバッカーによる被害を受けないために!

 

公式ページで「女性はプレゼント特典有り!」などとうたっている出会い系は避ける
早め(6~7往復 )でサイト外での連絡を申し出て、断られたらその女性は諦める

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ